前へ
次へ

家族や自分で病気に関することをブログに書くこと

最近では誰でもブログを書くことが出来るようになっています。
病気に関する情報を公開したいということで書く人もいます。
本人が書くこともありますが、家族が書くこともあります。
その場合には本人の許可は取ったほうがよいでしょう。
子どもの闘病記をブログに掲載をするという親もいますが、その場合には写真の掲載には十分に注意をしたほうがよいです。
本人が掲載をしてもよいと言っているわけではないのであれば、避けるべきでしょう。
永遠にオンライン上に残ってしまうので、あまりにも残酷なことになる可能性もあります。
また写真を見てこんな感じになってしまうのであれば、と感じてしまう人もいます。
個人情報は子どもであっても守らなければいけません。
個人情報となってしまう写真に関して、いくら知って欲しいと言っても取り扱いには十分に注意をしなければいけません。
医療情報とはかけ離れてしまうこともあるので、あまり掲載をしないほうがよいのかもしれません。

Page Top